土庇と濡れ縁

群馬県 伊香保温泉 お宿 玉樹 (2000.07)


 屋根の軒内と軒先の設えに、土庇や濡れ縁が有ります。土庇をめぐらせ、光を切り取り、影を引き込む、その下に濡れ縁を配し座してのんびりするも良し、飾り台として利用するのも良いでしょう。
軒の高さ・出寸法や濡れ縁の大きさは、庭との間合いが大事で、良く検討する事が必要です。
 紹介する事例は、庭に面したラウンジの正面と両側の廊下前の三方向コの字に土庇を配し、二ヶ所の竹張りと板張りの濡れ縁を設け、庇下に雨落ちを配した庭廻りに有る軒の設えである。
光と影、風と香り、雨音、雪の静寂、日本の四季を体感出来る空間となっています。





断面図