山形県湯野浜温泉


 畳は、稲作の始まりによる束草の利用から始まり、奈良時代には就寝の道具として上層階級では藁茣蓙や薄縁で使用されていたようである。
現在のような藁床にい草表の畳が利用されるようになったのは、平安時代以後と伝えられる。
利用方法も板床に置いて使われ、現在のように室に敷き詰められるようになったのは鎌倉時代 からで、室町・江戸時代を経て民家に利用されたのは明治以後である。
 古来の雅人から庶民へと受け継がれ普及して来た畳は、日本文化の歩みと共に育ってきた。又旅館は日本文化そのものであり、畳が無ければ旅館でないと言っても過言では無いだろう。
日本人の生活様式の変化に伴い、畳が住宅から無くなり、旅館でも利用されなくなった時、日本文化として継承されて来た旅館が無くなるときである。
畳は旅館に於いて最も重要な要素であり、大事にしたいものだ。
 最近はい草畳に替わり、汚れを拭き取れる等メンテナンスのし易さから、化学繊維の畳が利用されるようになったが、足ざわり・肌ざわりに於いては、い草畳に勝るものはないだろう。
宴会場等の酒や醤油で汚れる室への化学繊維畳利用は良いが、寛ぎ休む客室は、い草表の本畳とするべきと思う。
本畳には体を癒す力が有り、木材と同じように 、室内の乾燥時に水分を放出し、湿度の高い時には水分を吸収し調湿する良い働きが有る。
但し管理が悪ければダニやカビが発生し、健康被害の原因となってしまう。
良い状態に保つ為には、畳下の湿気対策をし年に一度は日干ししたいものだ。
日干しの出来ない時は、毎日の清掃時に窓を開け通風させ外気に晒すようにしたいものである。
 室のデザイン・雰囲気等を変える為に、縁を付ける付けないがあります。写真の事例は、縁付きと縁無し畳の客室です。
縁無しとし畳目を市松に敷く事で、室の趣が少し変わります。室に変化を出したい時に行います。


備前表・縁付き畳 琉球表・縁無し畳市松張り